PC

マーケティングの可能性を広げるDMP|最新システムで顧客ゲット

国内で利用されるDMP

IT

DMPはサイト運営を行なう企業から注目されるシステムです。WEBマーケティングの一般的なアプローチングと言えば広告配信やDM発送などがあるのですが、商品やサービスを求めていない層にアピールを行なうより、的確にターゲットを絞ってアプローチをかけた方がマーケティング効果は高くなります。DMPにより多くの情報をまとめて管理することが出来れば、収集したデータを元により効果的な広告配信などが行なえるようになるのです。DMPには二種類に分けることが可能で、それぞれに適切な活用法があります。導入を検討している場合にはそれらの違いをよく知っておくと良いでしょう。

自社以外のサイトのアクセス状況やネットユーザーの動向など、外部のデータを扱うのがオープンDMPです。どのようなユーザーがどのようなサイトを閲覧しているのか、どのような広告をクリックしているかなど、自社のサイト内で把握出来る情報だけでは得られないような細かいデータを収集することが出来ます。オープンDMPは流行やユーザーが求めているサービスを把握するのに最適でしょう。プライベートDMPはオープンDMPで得られるデータに加え、自社が提供るWEBサービスなどを元に得られる情報をまとめて管理・分析することが可能なプラットフォームで、WEBマーケティングに活かすには他にないほど便利なシステムだと言えます。分析機能に優れたDMPを導入することによって顧客のニーズを把握し、効率的なWEBマーケティングで確実な顧客獲得を目指すのが理想的です。